研修による教育は効果的?費用対効果を上げるコツ

費用対効果を上げるには継続が必須

研修は実施のために費用がかかるので、確かな効果が得られるように計画して実施することが大きな課題です。研修によって教育をしても社員が本当に成長し、売り上げの向上につながるのかが疑問になることも多いでしょう。人材の成長が見られたかどうかは判断するのが難しく、たとえ成長していたとしても業務にうまく活用して企業にどの程度貢献したかを見極めるのも困難です。ただ、長期的に継続していると昔に実施した研修の効果が垣間見えることがよくあります。すぐに成果につながるとは限らないと認識して、長期的な視野で継続することが研修による教育をするときには欠かせません。先行投資と考えて長い目で費用対効果を考えるようにしましょう。

仮説検証を繰り返して品質を上げよう

研修は品質向上をする必要があるという点でも継続的に実施することが欠かせません。具体的に企業にとっての成果として見えてくるのはだいぶ先の話かもしれませんが、社員の満足度や実感についてはアンケート調査で評価することができます。そのフィードバックを取得し、考察をして何をしたらもっと効果が上がるかを考えましょう。仮説検証を繰り返して社員の満足度を向上させ、研修の品質を着実に向上させることが費用対効果の良さにつながっていきます。仮説検証によって生み出された研修の内容は企業にとってのかけがえのない財産です。優秀な人材を輩出し続けるための基盤になるので、できる限り早めに研修の継続的実施計画を立てて実行に移すのが大切です。

近年はグローバル化の影響で日本でも外国人の社員が増えています。そのため、外国人向けの社員教育のサポートを行っている企業も存在しており、言語や文化などの違いに対応するためのサービスを提供しています。