物を保管するならレンタル倉庫?それともトランクルーム?その違いとは


レンタル倉庫とはどんなサービス?

法人私人を問わず、物品の保管場所としてレンタル倉庫や貸倉庫の需要が高まっています。しかし、類似するサービスでトランクルームというものもあります。レンタル倉庫とトランクルームにはどのような違いがあるのでしょうか。

レンタル倉庫とは、収納スペースを貸し出すサービスです。名称に決まりはなく、同様のサービスでありながらレンタル収納や貸倉庫と名乗っていることも少なくありません。レンタル倉庫の利用は、貸出契約ではなく賃貸契約を結ぶのが一般的です。そのため、原則として建物や部屋を1つ丸々借りることになります。そのスペース内の使い方は基本的に自由です。荷物の出し入れも利用者が自由にすることができます。ただし、契約によって居住などの活動が制限されている場合があります。なお、預かった荷物の管理は倉庫の借主が担わなければなりません。物品が破損したとしても、レンタル倉庫の貸主が責任を負うことは原則としてありません。

トランクルームは一部エリアを貸し出すサービス

トランクルームはレンタル倉庫とは違い、賃貸契約ではなく委託契約を結ぶことが一般的です。倉庫内の一定スペースに荷物を預かります。委託契約なので、利用者が自由に荷物を出し入れできません。荷物の出し入れをするには、基本的にトランクルーム側に申請する必要があります。預かっている荷物が破損や紛失した場合には、トランクルーム側が責任を負います。なお、トランクルームは国土交通省に登録している業者以外は、営業ができません。

3PLとは、サードパーティ・ロジスティクスの略称です。物流業界の主な業務である物を運ぶことだけでなく、物の加工や管理などの全ての業務を物流業界以外の会社が請け負って行うことです。